Huluなどの動画配信サービスをスマホで使うとデータ通信量はどのくらいかかる?

最近ではHuluやバンダイチャンネル、GYAO!・dアニメストアなど、スマホにも対応した動画配信サービスが多数存在します。

スマホがあればどこでも見たいアニメやドラマ、映画が見れるというのはうれしい限りですが、こうしたサービスを利用する上でも、当然データ通信量がかかります。

Youtubeを頻繁に閲覧しているとすぐ通信制限になってしまう・・・なんて話を聞いたことがあると思いますが、動画配信サービスを利用する場合も同様なので気を付けてください。

 

実際どの程度の通信量を消費するのか?

では、実際動画配信サービスをスマホで利用する場合、どの程度のデータ通信量がかかるのか?

例としてHuluを挙げます。

huluで配信されているアニメを1話視聴した場合(約24分)、かかる通信量はおおよそ100~200MBほど(画質を下げることで通信量を減らすことが可能)。

つまり、5話ほど閲覧しただけで場合によって1GB位は簡単に使ってしまうという計算に。格安スマホなどで1~2GB程のプランで契約している場合はあっという間に通信制限がかかってしまいます。1日1話視聴する計算でも、10日ほどで2GBほどに達する計算になりますね。

ドラマや映画を視聴しようと思えば更に大きな通信量が必要になり、格安SIMなどを使っていればまず利用は出来ないレベル。このように、動画配信サービスの利用はかなりのデータ通信量がかかりますので注意して下さい。

それでもスマホで動画を見たいという方はWifiをうまく活用しましょう。Wifi環境下であればデータ通信量を気にすることなく動画の閲覧が可能です。

 

料金定額で動画が見放題の動画配信サービスですが、当然データ通信料は別。スマホで動画視聴をする頻度が高い方は忘れず覚えておきましょう。