HUAWEI P8liteのスペックおよび評価

HUAWEI P8liteのスペック及びレビュー

以下はファーウェイ・ジャパンのP8lite昨日紹介動画。

 

P8liteスペック

サイズ 幅:70.6mm × 高さ:143mm × 厚さ:7.7mm
ディスプレイサイズ 5.0インチ 1280×720ドット(HD)
重量 131g
SIM マイクロSIM/ナノSIM
電池容量 2200mAh
OS Android5.0
CPU HiSilicon Kirin 620 オクタコア64 bitプロセッサー
RAM 2GB
ROM 16GB
外部メモリ マイクロSD
アウトカメラ 1300万画素
インカメラ 500万画素
対応周波数 【SIM1(or SIM2)】
FDD-LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
TDD-LTE:B40
UMTS:B1/B5/B6/B8/B19
GSM:850/900/1800/1900
【SIM1(or SIM2)】
GSM:850/900/1800/1900
Wi-Fi規格 IEEE802.11 b/g/n

3万円以下で購入できる端末としてはかなり高性能な部類に入るHuawei P8lite。ZenFone2 Laserとスペック的にも価格的にも似ています。なので好みによってどちらを選ぶか・・・といった感じになるでしょう。

違いとしてはカメラ関連の機能。Huawei P8liteは「パーフェクトセルフィー」という機能を搭載していて、これは「自撮り」の際に色々と便利な機能。かなり撮影した画像を編集できるので、カメラが「自撮り」メインの場合は非常におすすめの機能です。

それに対し、ZenFone2 Laserは「レーザーオートフォーカス」という機能を搭載。これは素早くピントを合わせてくれる機能なので、ブレのないキレイな写真を撮りたいならこちらの方がおすすめですね。

また、P8liteはZenFone2 Laser同様デュアルSIMにも対応(マイクロSIMスロット&ナノSIMスロット)してますが、片方のナノSIMスロットはマイクロSDと共用なので、マイクロSDを入れてしまうとSIMカードは一枚しかさせません。ZenFone2 LaserはSIMスロットとSDカードのスロットが別なので、SDカードを指した状態でもSIMカードが2枚差し込めます。このあたりもどちらを選ぶかのポイントです。

 

セット購入できるMVNO

P8liteがセット購入できるのはDMMモバイル、楽天モバイル、NifMo、IIJmio。価格は以下の通り。

一括払い 分割払い(24日)
DMMモバイル 28,600円 1,287円(税込)
楽天モバイル 28,600円 1,287円(税込)
NifMo 31,112円 1,297円(税込)
IIJmio 28,600円 1,280円(税込)

販売価格はほぼどこでも同じですが、NifMoでキャッシュバックキャンペーンをやっているのでセット購入を考えている場合はNifMoがおすすめです。