格安SIMにも最低利用期間の設定はあるのか?

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアでの契約は最低利用期間が設定されており、その期間中に解約すると解約料金(9500円)がかかります。期間は「2年縛り」という言葉があるように2年が通常で、2年以内で解約してしまうと解約料金が発生します。

こうした最低利用期間は格安SIMを提供するMVNOでも存在するのか?というと・・・

結論から言えば、場合によって存在するという形になります。

 

データ通信専用SIMと音声通話対応SIMによって異なる最低利用期間

格安SIMにはデータ通信のみが行えるタイプの「データ通信専用SIM」と、音声通話・データ通信両方に対応している「音声通話対応SIM」が存在し、それぞれ料金設定が異なり、最低利用期間も異なります。

まず通常データ通信専用SIMの場合ですが、こちらは最低利用期間は設けられていない(もしくは契約月の末日まで)ことが多いです。ですので試しに使ってみて、パフォーマンスに不満があればすぐに解約ということも可能です。

それに対し、音声通話対応SIMの場合は最低利用期間が設定されている事が多いので注意して下さい。MVNO業者によっても異なりますが、半年~1年ほどの期間が設定されていることが多いです。

例えばDMMモバイルの場合は最低利用期間が12か月の設定になっていますが、NifMoの場合は6ヵ月で設定されています。業者によって期間は異なりますので、気になる方は契約前に確認をしておきましょう(ちなみに解約手数料は大手キャリアとほぼ同額程度かかります)。

 

このように契約するSIMカードによって格安SIMでも最低利用期間は設定されていますが、大手キャリアと比較すればその期間は遥かに短く、他のMVNO業者への乗り換えもしやすいと言えます。格安SIMは提供する業者によってサービスも様々なので、自分に合った業者を探す上でも最低利用期間の設定が緩いのはありがたいですね。