MNPとは?概要と注意点

格安スマホは使いたいけど電話番号は変えたくない。そんな方はMNP制度を利用すれば現在使用している電話番号そのままで格安スマホを利用できます。

 

MNPとは?

MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)とは、電話番号を変更することなく契約している携帯会社を乗り換えることができる制度のこと。制度自体は2006年頃から存在します。

例えばドコモと契約していたけどソフトバンクに乗り換えたいという場合、旧来の手順ではまずドコモを解約→その後ソフトバンクと契約という流れでした。

この時、ドコモで使っていた電話番号は解約とともに使えなくなり、新たな電話番号を使うことになります。しかし、キャリアは変えたいけど電話番号は変えたくないという方は少なくありません。そんなときに役に立つのがこのMNPという制度。

MNPを使えば契約する会社が変わっても電話番号が変わらないため、以前よりもキャリアの乗り換えがスムーズになり、ユーザーは自由にキャリア間を移動できるようになりました。

また、キャリアも積極的にMNPによるユーザー獲得を狙い、MNPで乗り換えたユーザーに様々な特典を用意していたりします。

代表的なものは基本料金の割引や機種代金のキャッシュバックなどですね。

今まではドコモやau、softbankといった大手キャリア間を移動するのに使われることが多かったMNPですが、格安スマホが登場したことで、大手キャリアから格安スマホへの乗り換えに利用することが増えることが予想されます。

 

MNPの際の注意点

MNPを利用する際は以下の点に注意しましょう。

  • 解約手数料がかかるケースがある
  • 機種代金の割引が適用されなくなる
  • 転出手数料がかかる
  • 転入の際、手数料がかかる(契約事務手数料)

 

解約手数料がかかるケースがある

ドコモやau、ソフトバンクで携帯端末を契約している場合、基本的に「2年縛り」での契約になっています。そのため2年経過していない段階でMNPを利用すると、解約手数料(各社9,500円)が発生することに。意外と大きな出費になるので注意しておきましょう。

解約手数料なしでの解約は契約から24か月経過した後の1か月間(25か月目)であれば可能。乗り換えのタイミングに気を付けてください。

ちなみにこの契約更新月、忘れてしまったという方も多いはず。いつが契約更新月なのか知りたい場合は各キャリアの店舗窓口で確認するか、ホームページ上で確認することが可能です。ドコモの場合はマイドコモ、ソフトバンクの場合はマイソフトバンク、auの場合はauお客様サポートで確認できますので、MNPをする前にチェックしておきましょう。

 

機種代金の割引が適用されなくなる

大手キャリアの料金プランは2年契約を前提に設定されており、機種代金などの割引も適用されています。2年経過前の解約の場合こうした割引も適用されなくなり、機種代金の残金を割引なしで支払わなければなりません。

例えばドコモでXperia Z1 f SO-02Fを2年契約で購入した場合、月々の分割代金は3,215円。しかし、2年契約で「月々サポート」を適用すると毎月2,520円の割引が受けられます。そのため実質月々の端末代金負担は695円。しかし、2年経過せずにMNPなどによって解約すると、この「月々サポート」が適用されなくなってしまうのです。

支払いが6か月分残っている場合は、19,290円(3215円×6)を転出時に支払わなければならない計算ですね。このように、場合によってはかなりの金額を転出時に支払わなくてはなりません。

こうした負担を避けたい場合は、やはり端末代金の支払いも終了する契約更新月でのMNPが望ましいでしょう。

 

転出手数料がかかる

MNPを利用する場合、転出手数料として2000~3000円が別途かかります(キャリアによって微妙に異なる)。この点も併せて覚えておきましょう。

手数料がキャリアによって若干に違いがあり、金額は以下の通り。

ドコモ 2,000円
au 2,000円
ソフトバンク 3,000円

 

契約事務手数料がかかる

転出の手数料だけでなく、MNPで転入した先でも契約の事務手数料が3,000円かかります。

転出手数料と併せ、MNPには少なくとも5~6,000円の費用がかかる形ですね。

 

MNPはタイミングを見計らって行うのがポイント

以上のように、MNPを行う場合はタイミングを考えないと思った以上の出費がかかってしまいます。なのでやはりおすすめは契約更新月での転出。このタイミングであれば費用は5~6,000円に抑えられます。

ただ、契約更新月以外のMNPでも長い目で見れば出費を抑えることができるので、思い切って転出してしまうのも手段。

例えばMNPで1~20,000円の出費があったとしても、格安SIMに乗り換えることで毎月の出費が5,000円抑えられれば、数ヶ月でこの出費はペイできる計算です。少し長い目で見れば返ってお得になるケースも多いので、どのタイミングでMNPするのがベストか?よく考えてから行うと良いでしょう。