もしもシークスのプラン詳細および評価

もしもシークス

通話定額プランを導入して話題のもしもシークス。そのプラン詳細および特徴、評価をまとめました。

 

もしもシークス概要

料金 299円~
通信速度 高速時:下り最大150Mbps
低速時:200kbps
通信制限 連続した3日間のデータ使用量が1.2GBを超えた場合
初期費用 5,000円
最低使用期間 1年
契約解除料 10,000円
※最低使用期間内の解約の場合
通話料 19.9円/30秒

 

料金プラン

 プラン プラン内容 月額料金
基本コース 無料通話3分×30回付
データ通信容量1GB
1,980円
あんしんコース 無料通話5分×30回付
データ通信容量7GB
2,980円
満足コース 無料通話10分×100回付
データ通信容量7GB
3,980円
各プランとも無料通話分を超えた場合は19.9円/秒の通話料がかかります。

 

オプション

オプション 料金
留守番電話 400円/月
キャッチホン 300円/月
もしも保証ベーシック 539円/月
もしも保障プレミアム 639円/月

iPhoneの場合はもしも保障がそれぞれ100円プラス。ベーシックは639円、プレミアムは739円。

 

もしもシークスの特徴

もしもシークスの最大の特徴は無料通話が含まれた料金プラン。通話頻度が多く、格安SIMへの乗り換えを迷っている方はこのプランを検討してみると良いでしょう。

 

無料通話込みの料金プラン

もしもシークスの料金プランは基本コース、あんしんコース、まんぞくコースの3つ。それぞれ無料通話とデータ通信量をセットにした内容になっているのが特徴です。例えば基本コースならデータ通信容量1GB&無料通話(1回3分、月30回まで無料)がセットで1,980円。あんしんコースならデータ通信容量7GB&無料通話(1回5分、月30回まで無料)で2,980円という形。

完全なかけ放題ではありませんが、ある程度の通話頻度の方であれば十分料金プラン内で収まります。

料金プランの感じとしてはY!モバイルに似ていますが、比較的低価格で申し込める(Yモバイルは2,980円~)という点と、SIMカードのみでも申し込みができる点がポイント。通話も料金内に含めた低価格なプランを探しているならピッタリです。

ちなみに通話は「かけたい放題アプリ」をスマホにインストールし、アプリ経由で行った場合のみ無料通話としてカウントされます。普通に電話をかけると無料通話対象外となるので注意。

 

iPhoneの取り扱いあり

もしもシークスでは購入出来る端末の中にiPhone6、iPhone6Plusがあります。これは白ロムなので新古品ですが、ある程度安く購入が可能です。MVNOでiPhoneを取り扱っている業者は珍しい部類に入るので、iPhone6の白ロムを探している方はチェックしてみると良いでしょう。

 

口座引き落としでの契約が条件付きで可能

もしもシークスは店頭での申し込みに限り、口座引き落としでの申し込みが可能。全国に300店舗の代理店が存在します。

クレジットカードが無くて格安SIMが申し込めない、口座引き落としで契約したいという方は近隣にもしもシークスの代理店があるかチェックしてみましょう。ただし、この場合は補償金として6,000円を預ける必要があります(未払いが無ければ解約翌々月に返却)。

 

手数料は高めなので注意

もしもシークスは新規契約の手数料が5,000円かかります。これは他のMVNO業者と比べると比べるとちょっと高め。また、最低使用期間も1年設定されており、最低使用期間内の解約は10,000円の解約手数料がかかります。

 

 

取扱い機種

  • BLACKBERRY CLASSIC SQC100-1
  • iPhone6
  • iPhone6 plus
  • Ascend G620S
  • d tab
  • FS020W

 

もしもシークスの評価

完全なかけ放題ではないですが通話料込みの定額プランは魅力があります。

手数料が高めだったり縛りの期間が長めなのは気になりますが、通話定額の部分に魅力を感じるならかなりおすすめのMVNOと言えるでしょう。