MVNOとは?ドコモなどの大手キャリアと何が違うの?

MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。大手キャリアの通信網を借りて通信サービスを提供している業者の事を指します。

基本的にMVNO業者はドコモの回線を使用しているものが多く、通信エリア的にはドコモと同じと考えて差し支えありません。一部auの回線を利用した業者も存在しますが、圧倒的にドコモが多いのが現状です。

ちなみにMVNOに対し、ドコモやau、ソフトバンクなど自社で通信回線を保有している業者の事をMNO(Mobile Network Operator)と言います。

 

ドコモの回線を使用しているMVNO業者

現状MVNO業者の大半はドコモの回線を利用しています。代表的なMVNOには以下のような業者があります。

 

 

auの回線を使用している業者

数は少ないですが、au回線を利用しているMVNO業者も存在します。2015年9月現在では以下の通り。

 

※ソフトバンクの回線を使用したMVNO業者は2015年9月時点では存在しません。

 

様々な料金プラン・サービス内容が魅力

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアの料金サービスは画一的で、料金プランも選択肢が少ない状態でした。また、使うのか分からないオプションが付いていたりすることもあります。そのためどうしても月額料金が高くなりがち。しかし、MVNO業者の登場でスマートフォンユーザーには多くの選択肢が生まれました。

MVNO業者はそれぞれの業者によって様々なプランを提供してくれているので、自分に合ったプランを選ぶことで、スマホにかかる料金を大きく節約することも可能です。

例えばスマホでほとんど電話は使わない、LINEやネット検索をする程度・・・という場合や、1ヵ月で1~3GB程度の通信で収まっているという方はMVNO業者の提供する格安SIMを使う事で、大きく料金を節約できる可能性がありますので是非MVNO業者のプランをチェックしてみましょう。