Opera Mini Webブラウザでスマホのデータ通信量を節約する

スマホでデータ通信量を節約するのに役立つブラウザアプリ「Opera Mini Webブラウザ」を紹介します。

格安SIMなど毎月のデータ通信量が限られる状態でスマホを使う場合、少しでも日頃のデータ通信量は節約したいところ。そんな時に役立つのがこのアプリです。

 

Opera Mini WebブラウザはOperaのスマホ向けブラウザアプリ。ブラウザというとIEやFirefox、Googlechromeなどを使っている方が多いですが、Operaも実は結構昔から存在するブラウザです。

そんなOperaのスマホバージョン、Opera Mini Webブラウザの最大の特徴は最大90%ものデータ圧縮が可能という点。それも特に何の設定も必要なく、アプリをインストールすればOKという手軽さが魅力。Googlecromeでもデータセーバーによるデータ通信量の圧縮が可能ですが、自身で設定が必要なため、少し手間と言えば手間ですね。
そうした手間もなく、一説ではGooglechromeよりも圧縮率が高いと言われています。

人によってはあまり馴染みのないブラウザかもしれませんが、データ通信量を少しでも節約したいという場合は是非使ってみて下さい。

 

ただ、一つ難点として、サイトによって他のブラウザで閲覧した場合と表示が若干異なるといったケースがあることを覚えておいてください。Opera Mini Webブラウザはサイト閲覧に最低限必要な機能を持たせているもののため、場合によって他のブラウザと同じようにサイトを表示できない場合があります。

また、場合によって「重い」と感じるケースもあるようなので、「軽さ」を求めるならChromeを選ぶ方が良いかもしれません。

 

何にしても標準ブラウザのままではデータ通信量もかさみがち。データ通信量の節約を考えるなら一度試してみることをオススメします。