SIMカードの種類

SIMカード

SIMカードには標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類があります。使っている端末によって使用できるSIMカードが異なりますし、格安SIMを使う場合もどのサイズを注文する必要があるのか?覚えておかないと思わぬ出費に繋がりますので覚えておきましょう。

 

SIMカードの種類

SIMカード

SIMカード サイズ 使用端末
標準SIM 25mm×15mm iPhone3、iPhone3GS
microSIM 15mm×12mm iPhone4、iPhone4s
nanoSIM 12.3mm×8.8mm iPhone6、iPhone6Plus
iPhone5、iPhone5s

ご覧頂くと分かる通り、基本的には古い機種ほどSIMカードのサイズが大きく、新しい機種ほどSIMカードのサイズは小さくなります(どのSIMカードを使用しているかは端末ごとの仕様などを確認すれば記載されています)。

例えばSIMフリーのiPhone6を購入し、格安SIMを使うなら注文するSIMカードのサイズはnanoSIMという形。マイクロSIMなどを注文してしまうと使えないので注意してください。この場合は注文し直しになり、余計な費用が掛かってしまいます。

 

nanoSIMを注文しておけば使い回しが可能

ちなみに色々な端末で格安SIMを使いたい場合、nanoSIMを注文しておけば使い回しが可能です。SIMカードの変換アダプタ―(SDカードの変換アダプターと同じようなもの)が市販されていますので、これを使えばマイクロSIM対応の端末でもnanoSIMが使えます。

つまり、標準・マイクロSIMカードを使いまわすことはできませんが、nanoSIMであれば変換アダプタ―と組み合わせていくらでも使い回せるという形。変換アダプター自体も1000円程度で購入可能なので便利です。

ただ、一点注意点として、変換アダプターを使うと端末によってSIMカードが入りにくい・抜けにくいという事が起こりますので、使用する場合は気を付けてください。