スマホを安く使うなら知っておきたい「SIMフリー」とは?

SIMフリーのスマホを使えば料金が安くなるらしい。そんな話を聞いたことはあっても、SIMフリーってどういう事?という方も多いのではないでしょうか。

SIMフリーのスマホというのは言葉の通り、SIM(カード)を自由に入れ替えて利用可能なスマートフォンの事を指します。

 

SIMカードが無いとスマホは使えない

ドコモやau、ソフトバンクなどのショップでスマホを契約すると、小さなチップのようなものをスマホに差し込んでくれるのですが、覚えているでしょうか?これがSIMカード。SIMカードには契約したプラン情報などが入っており、このカードがあって初めてスマホは利用可能な状態になります。

つまりスマホというのは「端末+SIMカード」で1セット。スマホというのは端末だけでは動かないんですね。

普段支払っているスマホの月額料金というのは、言うなればこの「SIMカード」の利用料のようなものだと考えることもできます。要するに、SIMカードはスマホを使うためになくてはならないものだという事です。

 

日本国内で販売されるスマホには「SIMロック」がかかっていた

今まで日本国内で販売されているスマートフォンのほとんどは「SIMロック」がかかっており、SIMカードを入れ替えることはできませんでした(正確に言うと、入れ替えても使う事が出来ませんでした)。

例えばauで契約したスマートフォンはauのSIMカードしか使えませんし、ソフトバンクで契約したスマートフォンにはソフトバンクのSIMカードしか使用できません。そのためスマホを契約する際は、auやソフトバンクといったキャリアが用意した料金プランでしか契約出来ない形になっていました。

ご存知の通り、キャリアの料金プランは様々なオプションが付いているため結構高額です。

しかしSIMロックがかかっている限り、キャリアが用意しているプラン利用以外には選択肢が無く、「スマホを使う=高額なプラン料金を毎月支払う」以外にスマホを利用する方法がありません。これが日本におけるスマホ利用の環境でした。

 

しかし、2015年5月よりこの状況が大きく変わりました。

 

国によって「SIMロック」の解除が義務付けられ、2015年5月以降に販売されるスマートフォンはSIMロックが解除された状態、つまり「SIMフリー」にすることが可能になったのです。

これにより、非常に安価な料金プランで利用できる「格安SIM」が多くの端末で使えるようになり、それぞれのユーザーの使用頻度や使用方法に合せて料金を抑えることも可能になりました。

スマホに替えたは良いけどほとんど機能も使わない。なのに料金だけはガラケーの3倍になった・・・なんて方もいるのではないでしょうか。そんな方はSIMフリースマホの利用を検討してみましょう。場合によってはガラケーと変わらない料金でスマホを利用できるようになるかもしれません。

 

全ての端末がSIMフリーになるわけではない

ちなみにSIMロック解除が義務化されたからと言って、ドコモやソフトバンクなどのキャリアでSIMフリー端末が購入できるわけではありませんのでご注意ください。あくまで国が義務付けたのは「SIMロック解除の義務化(SIMロック解除に対応しなければならない)」であって、全ての端末をSIMフリーで販売しなければならないという事ではありません。

つまり、2015年5月以降に販売される端末も、基本的にはSIMロックがかかっています。ただ、購入後にSIMロック解除の手続きをすることによって、SIMフリー状態にすることができるという形。いきなり最初からSIMフリーというわけではありません。

 

また、2015年5月以前に販売された端末に関しては「SIMロック解除義務化」の対象外となるため、そもそもSIMロックが解除できない場合もあります。

例えばiPhoneはiPhone6までの端末がSIMロック解除義務化の対象外となっているため、基本的にSIMロックの解除ができません(例外として、アップルストアで販売しているSIMフリー端末を購入する方法があります。こちらを購入すれば自由にSIMカードを変更できますが、キャリアとの契約ではないためキャリアの料金プランや割引は使えません)。

このように、SIMロック解除が義務化となったからといって全ての端末がSIMフリーに出来るわけではない事は覚えておきましょう。

 

とはいえSIMフリーのスマホが登場する事でスマホの料金を安くできる可能性が大きくなったことは間違いありません。これからスマホを購入するという方、スマホの料金を今より抑えたい方にとって、SIMフリー端末は見逃せない存在です。