格安スマホ(SIMフリー端末)を購入する際のポイントと注意点

大手キャリアのスマホと比べると非常に安価な格安スマホ(SIMフリー端末)。格安SIMに乗り換えるに当たり、端末も買い換えようと考える方も多いのではないでしょうか。

ここではそんなSIMフリー端末を購入する場合のポイントや注意点をまとめます。

SIMフリー端末の性能って実際どうなの?

はい、やはりここが気になる方が多いですよね。安いのは魅力だけど、性能が低すぎて使い物にならない・・・・では困りますし。

基本的にMVNOが扱っていたり、ネットで購入できるSIMフリー端末は大手キャリアが販売する端末とはメーカーも機種も異なることが多いです。キャリアの場合は比較的国産スマホが多いですが、SIMフリー端末の場合はASUSやHUAWEIといった海外メーカーの端末をよく見かけます。国産メーカーのSIMフリー端末も存在しますが、その数は決して多くありません。

つまり、メーカー自体が全然違うので使い勝手や性能ってどうなの?という点がどうしても気になります。

しかし、この点についてはあまり心配はいりません。最近のSIMフリー端末はかなり性能も高く、よっぽど普段使いで困るような事が無いというのが実際です。ASUSのZenfoneシリーズなどは1~2万円代からかなり性能の高い端末を販売してますし、HUAWEIも2万円以下で購入できるnova liteといった高性能端末を販売しています。

例えばスマホの用途が通話とネット、TwitterやLINEなどのSNS利用がメイン、ゲームもそれほどしないし・・・という方であればこれらの端末でまず困ることはありません。

困ることがあるとすれば、例えば3Dゲームをガンガン遊びたいとか、綺麗な写真が撮りたいのでカメラ性能にとにかくこだわりたい!という場合。こうした点はやはりハイエンドモデルほどの性能を期待できません。ただ、こうした条件に合致する方はそれほど多くないでしょう。

 

大手キャリアだと10万近くすることもある端末代金ですが、SIMフリー端末であればその半分以下の金額で十分な性能を持った端末を購入することができるようになっています。

 

SIMフリー端末を購入する場合の注意点

SIMフリー端末を購入する鵜場合、注意しなければならないのはSIMカードのサイズや対応周波数です。

端末によって使用するSIMカードのサイズが異なりますし、対応周波数も異なるので購入前に必ず確認しておきましょう。

 

まず、SIMカードサイズについてはミニSIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類が存在します。最近の端末はナノSIMが使われることが多くなっていますが、まだマイクロSIMを使っている端末も存在します(Zenfone GOなどはマイクロSIM)。例えばマイクロSIMで契約してしまい、別途購入したSIMフリー端末がナノSIMを使っている場合、そのままでは使えないのでSIMカードのサイズを変更しなければならなくなります。

この場合、変更手数料(3,000円が一般的)もかかります。

乱暴な手段としてマイクロSIMをナノSIMサイズに切り取るという方法もあるのですが、これをやると最悪SIMカードが使えなくなるのであまりおすすめは出来ません。

SIMカードサイズが心配な場合は基本的にナノSIMを契約しておくことをおすすめします。ナノSIMであればアダプターを別途購入してサイズをマイクロSIMに変更することもできるので、こちらの方が無難。小は大を兼ねるというのがSIMカードの注意点でありポイントです。

 

次に対応周波数について。

SIMフリー端末はそれぞれ対応周波数が異なり、使えるSIMカードが限定される場合があります。具体的に言えばドコモ系のSIMカードは使えるけど、au系のSIMカードは使えないといった端末が存在するということです。これを知らずに端末を購入してしまうと、いざSIMカードを挿しても正常に動かない・・・という事が起きるので注意が必要です。

例を挙げるとHUAWEIの人気機種P9liteはドコモ系のSIMカードなら問題なく動きますが、au系のSIMカードでは正常に動きません。

自分が購入しようと思っているSIMフリー端末がどの周波数に対応しているか?必ず購入前に確認しておきましょう。

 

よく分からない人は端末セット購入が無難でおすすめ

SIMカードのサイズや対応周波数といった話がよく分からない、めんどくさいという方はMVNOで端末とSIMカードをセット購入するのが無難ですしおすすめです。セット購入であればSIMカードのサイズをしんぱいする必要もありませんし、対応周波数が合わない端末を購入してしまうこともありません。

また、MVNOで端末セット購入をすると場合によって大幅な割引を受けられる場合もあるので、出来るだけ安く端末を購入したいという方にとってもこの手段はおすすめと言えるでしょう。

 

実際おすすめのSIMフリー端末はどれ?

では実際のところ、SIMフリー端末でおすすめなのはどれ?という話ですね。

ざっくりとした話ですが、先ほどお話しした通り、ヘビーユーザーでもない限りは2万円以下の端末で全く問題はありません。この場合はASUSのZenfone GOやHUAWEIのnova liteといった機種がコスパも高くおすすめ。ちょっと性能にもこだわりたいという場合は3~4万円代の端末を選ぶと良いでしょう。同じくASUSのZenfone3やHUAWEI novaと言ったあたりがこれに該当します。

SIMフリー端末の比較情報などに関しては以下のサイトが詳しく解説しているので、併せて参考にしてみると良いでしょう。

格安スマホおすすめ比較labo | 人気の機種と会社をランキング

SIMフリー端末は価格も性能もかなり幅があるので、自分にあった端末を選ぶのがポイント。自分が普段どんな使い方をしているのか?ここをしっかり確認した上で選ぶようにすれば失敗も少なく、快適な格安スマホライフを送れます。