白ロムとは?SIMフリー端末との違いについて

スマホを安く使おうと思って調べていると、SIMフリー端末と併せて「白ロム」という言葉がよく出てきます。白ロムとSIMフリー端末って同じなんでしょうか?

結論から言うとこれは別物。以下のような違いがあります。

 

SIMフリー端末

SIMロックがかかっておらず、自由にSIMカードを入れ替えて利用できる端末。DMMモバイルやYモバイルといったMVNO業者の格安SIMカードが使用可能。

アマゾンや楽天市場、家電量販店などでも販売されています。また、アップルストアでSIMフリー版のiPhoneが購入可能。

 

白ロム端末

一度キャリアで契約し、その後解約された端末。つまり一度誰かが使用し、端末料金を支払った後解約された端末なので完全な新品ではない中古品。

そしてSIMロックがかかっています。なので基本的には契約していたキャリアのSIMカードしか使えません。auで契約をしていた端末であればauのSIMカードしか使えないというわけですね(ただし、大半のMVNO業者はドコモの回線を利用しているため、ドコモの白ロム端末であれば大半のMVNO業者の格安SIMがSIMロック解除しなくても使用できる)。

 

このようにSIMフリー端末と白ロム端末はSIMロックがかかっているか否か、新品か中古品かといった点で違いがあります。

 

白ロムは中古品であるが故に比較的新しい機種でも安く購入出来ることがありますし、ドコモ系の白ロム端末であればSIMロック解除の必要なくドコモ系の格安SIMが使えます。中古である点が気にならないという方であれば、使ってみるのも手段ですね。

 

白ロム端末の注意点

ただ、白ロム端末を購入する際、場合によって「赤ロム」端末が混じっている事があるので注意して下さい。

不正な手段(窃盗など)で入手された端末、機種代金の支払いが終わっていない状態(未払い)の端末は俗に「赤ロム」と呼ばれ、キャリア側でネットワーク接続が制限されています。つまり、SIMカードを指しても携帯として機能しないという事。白ロムだと思って購入したら訳ありの赤ロムだった、という事もあるので気を付けましょう。

 

一度使用されている端末だけに、こうした事が起こるのも白ロムのデメリット。こうした点を踏まえ、白ロム端末は利用してください。

 

こうした点が気になる場合はやはりSIMフリー端末を購入するか、現在使用しているスマホをSIMロック解除して使用する方が良いですね。