ASUS ZenFone2 Laserのスペックおよびレビュー

ASUS ZenFone2 Laserのスペックやレビューをまとめます。

以下はASUSJAPANのZenFone2 Laser紹介動画。

 

ZenFone2 Laserスペック

サイズ 幅:71.5mm × 高さ:143.7mm × 厚さ:3.5~10.5mm
ディスプレイサイズ 5.0インチワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶(LEDバックライト)1,280×720ドット(HD)
重量 145g
SIM マイクロSIM
電池容量 2400mAh
OS Android5.0
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 410(クアッドコアCPU)
RAM 2GB
ROM 16GB
外部メモリ マイクロSD
アウトカメラ 1300万画素
インカメラ 500万画素
対応周波数 LTE:2100(B1), 1800(B3), 850(B5), 800(B6), 900(B8), 1700(B9), 800(B18), 800(B19), 700(B28) MHz
WCDMA:2100(B1), 1900(B2), 850(B5), 800(B6), 900(B8), 800(B19) MHz
GSM: 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi規格 IEEE802.11 b/g/n

ZenFone5の後継機として登場したZenFone2 Laser。ディスプレイサイズは5インチとZenFone2の5.5インチよりも小さく、ZenFone5と同じ。それでいて本体サイズはZenFone5よりも小型化しているのがポイント。また、カメラ機能もレーザーオートフォーカスを搭載したりと機能が向上してます。

全体的な機能としてはZenFone2と比較すると控えめ。メモリも2GBのみのラインナップとなっていますし、ディスプレイもフルHDではなくHDです。しかしカメラ機能の向上やバッテリーの性能をアップしたりと、けしてすべての機能で劣るわけでもありません。それでいて価格は3万円以下に収まっているのでかなりお得なモデルという感じ。

当然ZenFone2とどっちを選ぶか?という話になりますが、やはり性能重視であればZenFone2。カメラ機能や価格を重視するのであればZenFone2 Laserという感じになるでしょう。

また、ZenFone2 Laserの特徴として「デュアルSIM」が挙げられます。要するに2枚のSIMカードが使えて、切り替えが可能なのです。ちなみにZenFone2もデュアルSIMなのですが、ZenFone2の場合は片方のSIMスロットが2G回線にしか対応しておらず、実質使えるSIMカードは1枚でした。

それに対し、ZenFone2 LaserのSIMスロットは両方とも3G/4G対応。なので例えば通話対応SIMとデータ通信SIMを挿して必要に応じて切り替える・・・といった使い方も出来るというわけ。ここに魅力を感じるならZenFone2 Laser一択という感じですね。

 

セット購入できるMVNO

ZenFone2 Laserがセット購入できるのはDMMモバイル、楽天モバイル、NifMo、U-mobile、IIJmio。価格は以下の通り。

一括払い 分割払い(24回)
DMMモバイル(16GBモデル) 27,800円 1,251円(税込)
楽天モバイル(8GBモデル) 22,800円 1,026円(税込)
楽天モバイル(16GBモデル) 27,800円 1,251円(税込)
U-mobile(16GBモデル) 27,800円 1,251円(税込)
NifMo(16GBモデル) 31,112円 1,297円(税込)
IIJmio(16GBモデル) 27,800円 1,250円(税込)

8GBモデルは楽天モバイルの身で販売しているモデル。しかしストレージが8GBだけとなるとある程度動画や写真を撮る方だとちょっと少なめ。

カメラ機能もアップしている端末なだけに機能を活かすのならば16GBモデルの方がオススメかもしれません。純粋に価格重視という事であれば8GBモデルも選択肢に入れて良いでしょう。